2012年05月17日

メダカの学校1

20120517-1.bmp

昨年来、メダカを飼っている。井戸水の入ったプラスチックケースや大きめの甕にメダカを投入。無事に冬も越した。初夏の陽気となった近頃では自由気ままに泳ぎまわっている。まさしく“メダカの学校”である。水温の上昇を抑えるために水底に入れたアサザもたくさんの葉をつけはじめている。メダカはアサザの葉の下をすいすい泳ぐ。すでに尻尾に卵をつけているメスも認められる。これからの季節、たくさんの子どもが生まれることだろう。それにしても“メダカの学校”で子作りとは何とも珍妙な組み合わせである。
ラベル:メダカ
posted by 乾口達司 at 23:13| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック