2012年03月11日

平城宮跡燈花会。

今夜は昨年の3月11日に発生した東日本大震災を追悼する意味も込めて平城宮跡第一次大極殿前広場で燈火会がもよおされた。奈良市は夕刻から激しい雷雨に見舞われ、一時は開催が危ぶまれたものである。しかし、雷雨が過ぎ去った後の午後6時過ぎに現地を訪れると、サポーターたちが地面に並べられた無数の筒にせっせと火をつけていた。一緒に訪れた甥っ子のシュンとユウもサポーターたちに混じって筒に火をつけまわっていた。しかし、吹きっさらしの第一次大極殿前広場はあまりに寒い。シュンやユウも寒さには勝てず、しばらくして現場から退散した。会を運営するサポーターたちは、この寒空のもと、最後まで現場に居続けなければならない。大変なことである。
ラベル:平城宮跡 燈花会
posted by 乾口達司 at 21:38| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック