2012年02月13日

大阪市の大阪歴史博物館。

20120213-1.bmp

大阪歴史博物館(大阪市中央区大手前4-1-32)では昨年12月7日より今日まで特集展示『摂河泉の古瓦―採集資料からみた古代・中世の寺院―』がもよおされていた。仕事関係の勉強も兼ねて是非観覧したいものであると常々思っていた。最終日の今日、ギリギリセーフで観覧することが叶った。タイトルのとおり、摂津・河内・和泉それぞれの国で出土した古瓦が展示されている。そのほとんどはいまでは廃寺となっている古代寺院から出土したものである。いまもなお詳細が不明のまま残されているところも多いようだ。共同墓地から発掘された古瓦も見られた。これらは墓地のなかにあった墓堂に葺かれていた瓦であった可能性があるということだった。
ラベル:大阪 博物館
posted by 乾口達司 at 22:23| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック