2012年02月03日

北小路町の慈眼寺。 

20120203-1.bmp

今年の初午は2月3日である。厄除け発祥の寺であるとされる奈良市の慈眼寺(北小路町7)では恒例の初午厄除法要がいとなまれた。私が訪れたのは午後1時過ぎ。朝から法要が営まれているにもかかわらず、狭い境内はまだまだ参詣者で賑わっていた。厄除祈願を希望するものはまずは受付で名前と住所を所定の用紙に記し、それを本堂の縁側に座り込んでいる担当者に祈祷料(5000円〜)ともども手渡す。あとは入堂して祈祷中の僧侶に自分の名前が読みあげてもらうのを待つだけである。名前が読みあげられた後は僧侶から御札を頂戴して退散。本堂の横で配られているあめ湯をいただいて帰路に就く。いただいた御札は北向き以外の高所に置き、朝夕の礼拝を欠かさない。この日ばかりはお寺は大忙しで複数の僧侶が入れ替わり立ち代り本尊に向かって祈祷したり、参詣者に御札を配ったりしている。私が訪れたときも奈良町某所にある某寺の知り合いの住職が読経チームに加わっていた。市内各地の寺院から僧侶たちが援軍として駆けつけているようである。他の寺の僧侶たちからすれば、ちょっとしたアルバイトのようなものであろうか。初午と二の午(今年は3月10日)には本尊の聖観世音菩薩立像もご開帳される。聖武天皇御感得の霊仏を刻んだものと伝えられる。聖武天皇の御感得ということが事実であれば、本尊は奈良時代中期の作ということになる。しかし、遠めに拝観した限り、そこまで古い仏像であるようには見受けられない。あくまで寺のいい伝えに過ぎないようだ。
ラベル:初午 厄除
posted by 乾口達司 at 22:40| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック