2012年01月11日

岡山紀行(熊野神社)

20120111-1.bmp

熊野神社(倉敷市林684)にはじめて参拝をした。古くは熊野十二社権現と呼ばれていたという。6つの棟が一直線に軒を並べるさまは壮観である。第二殿がもっとも古くて正面1間・奥行2間の春日造・檜皮葺。正面に1間の向拝がついている。第二殿以外は、正保4年、当時の岡山藩主・池田光政によって再建されたものである。第一殿が春日造、第三殿が入母屋造、第四・五・六殿が流造といったように建築様式がバラバラであるのがおもしろい。熊野信仰にもとづいた神社だけあり、和歌山県・熊野本宮大社の社殿の配置を模倣しているのであろうか。
ラベル:神社
posted by 乾口達司 at 21:20| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック