2011年12月10日

自宅で養生。

20111210-1.bmp

昨日に引き続いて風邪をひいている。昨日に比べると少しはマシになったようである。しかし、それでも仕事をやり終えるのに苦労をした。特にエアコンで部屋をあたためると空気が乾燥し、喉が痛くなる。おかげで鼻づまりよりは喉に苦しめられる一日と相成った。そんななかで愛好していたのが十六味保命酒で知られる“入江豊三郎本店”(広島県福山市鞆町鞆534)の保命酒のど飴である。以前、鞆の浦を旅した人にいただいたものである。原材料は砂糖・水飴・保命酒・桂皮油・カラメル色素。保命酒には十六種の薬味が入っている。懐かしい香りのする飴である。子どもの頃、水飴を盛んに食べていたことを想い出した。おかげで喉の調子も良くなったようだ。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック