2011年10月25日

生駒市の石仏寺五輪塔。

20111025-1.bmp

三たて蕎麦春知”(生駒市大門町555)におもむいたことは昨日の日記に記した。石仏寺はその向かいに位置している。本尊の阿弥陀三尊は石仏で、永仁2年、伊行氏によって造られたとされる。ただし、秘仏であるために拝観は叶わない。境内には大きな石造五輪塔が安置されている。総高は224.5センチメートル。鎌倉時代の作であるという。地輪とその上の水輪がどっしりとした安定感を演出している。他にも板碑や石仏が並べられていた。
ラベル:石塔 石仏
posted by 乾口達司 at 19:28| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック