2011年10月20日

ブドウ&無花果。

“セブ”(奈良市西寺林町19-1)のマスターからブドウと無花果をいただいた。ブドウは甲州葡萄でワイン用のものである。ワインの原料になるだけあってさすがに美味しい。ワイン用のブドウがこんなに美味しいのかということをあらためて思い知らされる。無花果はちょうど良い熟れどきであった。手で中央からパカッと割ってかぶりつく。手がべとべとになるが気にしない。
posted by 乾口達司 at 20:49| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック