2011年09月24日

橿原市の藤原京ラビリンス。

20110924-1.bmp

橿原市の藤原宮跡を訪問した。いうまでもなく、藤原京は710年に平城京に都が移されるまで十数年間にわたって都が置かれたところである。現在、大極殿のあったとされる場所には土壇が残されており、その周辺は公園として整備されている。23日から25日まで“藤原京ラビリンス”と題されたイベントがもよおされている。イベントの存在は訪問してはじめて知った。敷地内には巨大迷路が4つ作られている。出入口にスタンプが置かれており、4つのスタンプをすべて押すと木の札(木簡を模しているという)を授与される。札には自分の夢などを書き込み、所定の場所に掲示してもらえるようである。季節柄、コスモスもちらほら咲きはじめていた。開花の最盛期は来月に入ってからだろう。
ラベル:藤原宮跡
posted by 乾口達司 at 22:26| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック