2011年08月16日

岡山紀行(内宮)

20110816-1.bmp

岡山紀行(渋川海岸)→こちら
岡山紀行(玉比盗_社)→こちら
岡山紀行(粟井温泉)→こちら

旭川沿いに位置する内宮(岡山市南区浜野1-3-8)はいわゆる元伊勢の一つであるとされている。崇神天皇の時代、皇祖神である天照大御神は笠縫邑に移されたのを皮切りに鎮座地を求めて各地を転々とした。当地は吉備国における鎮座地=名方浜宮の有力候補地であるようだ。しかし、そういった由来を知らなければ、どこにでも見られるありふれた神社の一つに過ぎない。あたりには岡山では名の知られた製紙工場もある。車も頻繁に行き交う。境内には誰の姿もなかった。
ラベル:神社
posted by 乾口達司 at 22:10| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック