2011年05月31日

一条通でテイクアウト。

20110531-1.bmp

パン屋の“こはく。”(奈良市法蓮町417-1)がオープンしたのは昨年の夏のことではなかっただろうか。店の前を通るたびに気になっていた店である。先日、店の前を通りかかった折、思い切って入店した。こじんまりとした店内には無駄な装飾はほとんどなし。テーブルの上に焼き上げられたパンがずらりと並べられている。思いのほか種類が多くて何を買おうか迷ってしまう。新商品の開発も熱心に続けられているようである。自家製の天然酵母でパンを作ろうとする心意気には感服させられる。近いうちにまた訪れてみよう。それにしても、他府県に比べて、奈良県にパン屋が多いのは気のせいだろうか。
ラベル:パン
posted by 乾口達司 at 21:01| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック