2011年04月16日

岡山紀行(真光寺)

20110417-2.bmp

岡山紀行(旧閑谷学校)→こちら
岡山紀行(備前市歴史民俗資料館)→こちら

真光寺(岡山県備前市西片上1509)は奈良時代に行基菩薩によって建立されたと伝えられる。現在は国道2号線やそれと平行するようにして走るJR赤穂線によって境内が分断され、その南側に仁王門(市指定文化財)、北側に本堂(国重文)や三重塔(国重文)が位置している。写真は室町時代中期に建造された三重塔。牛窓にあった蓮華頂寺のものを慶長18年(1613年)に移築したものであるという。備前片上を見守るようにして屹立する姿が印象的である。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 21:35| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック