2011年04月15日

岡山紀行(備前市歴史民俗資料館)

20110415-2.bmp

岡山紀行(旧閑谷学校)→こちら

備前市歴史民俗資料館(岡山県備前市東片上385)は旧閑谷学校から歩いて1時間半ほどのところにある。入館は無料。1階は付近で発掘された大小さまざまな備前焼をはじめとする遺物が多数陳列されていた。2階は近年まで使われていた民具類のほか、当地出身の文学者・正宗白鳥やその弟・正宗敦夫、画家の正宗得三郎、直木賞作家の柴田錬三郎や藤原審爾らの作品が並べられていた。自筆原稿も展示されていた。しかし、長年、ライトに当てられて来たせいだろう。インクがかすれ、判読しづらくなっているものも見られた。
ラベル:備前焼 文学
posted by 乾口達司 at 23:21| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック