2011年04月03日

加古川で昼食。

20110403-1.bmp

加古川名物といえば、やはり“かつめし”である。“かつめし”とはご飯の上にビーフカツあるいはトンカツをのせ、さらにデミグラスソースなどのタレをかけた料理である。これまでにも何度か食べたことがある。今回は鶴林寺を参詣したついでにいただいた。訪れたのはJR加古川駅前の“Eden”(兵庫県加古川市加古川町寺家町155-6)である。ここでは“かつライス”という名前で呼ばれている。カツが柔らかい。デミグラスソースもコクがあって美味しかった。カツに良く合うソースである。本場の“かつめし”を堪能した。
ラベル:かつめし
posted by 乾口達司 at 23:07| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック