2010年10月23日

大津市の長安寺・牛塔。

20101023-1.bmp

18日の日記の続き。高師小僧を見学した後はJR三雲駅まで歩いた。そこからはR草津線に乗り込んだ。向かったのは大津市の三井寺(園城寺)である。JR大津駅で下車。途中、長安寺の牛塔(国重文)を見学した。長安寺にはもうどれくらい足を運んでことだろうか。JR大津駅から三井寺に向かうときはたいてい牛塔に立ち寄る。三井寺に参詣する楽しみの一つに牛塔見学も含まれているとさえいって良い。それほど素晴らしい石塔である。高さは3.3メートル。八角形の基礎の上に大きな塔身を立てている。頭には六角形の笠が取り付けられている。平安時代後期の作であるという。そのどっしりした佇まいには圧倒される。特に塔身のゆるやかな曲線と力強い張りの組み合わせが魅力である。
ラベル:
posted by 乾口達司 at 22:53| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック