2010年10月05日

検察審査会の起訴議決を受けて。

陸山会をめぐる政治資金規正法違反事件について一言書いておきたい。東京地裁は検察審査会の起訴議決を受けて小沢一郎を強制起訴する手続きに入ったという。マスコミは起訴議決を受けて一斉に小沢一郎および周辺の動向を報道している。あたかもこれで小沢一郎の政治生命が絶たれたかのごとき報道ぶりである。その報道だけを目にすれば、小沢一郎がこれまでにない最大の窮地に立たされていると思ってしまう読者も多いことだろう。しかし、実際に窮地に立たされているのはむしろ検察の方である。これまで小沢一郎を起訴することが出来なかった検察は今回の強制起訴の議決を受けて否応なく裁判の一方の当事者に立たされることとなるのである。捜査のプロである検察が起訴したくでも出来なかった事案を、今後、あらためてどのように立証し、小沢一郎を有罪に持ち込めるというのか。下手をすれば裁判で敗訴することにもなりかねない。検察が敗訴するようなことになってしまえば、これは検察の威信が先日の郵便不正事件に続いてさらに失墜することになる。本当に頭を抱えているのは検察サイドであることをわれわれは認識すべきである。官僚(検察)と市民(検察審査会)との乖離がここまで生々しくあぶりだされて来た例は珍しい。今回の事態を一政治家の危機という形で矮小化するべきではない。政治家個人の危機をおもしろおかしく騒ぎ立てるのも結構であるが、マスコミはその陰で市民感情の暴走というもっと重大な事態が進行していることを報道するべきである。
ラベル:裁判
posted by 乾口達司 at 23:02| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック