2010年09月21日

郵便不正事件について。

障害者団体向け割引郵便制度をめぐって偽の証明書が発行された郵便不正事件。本日、証拠品であるフロッピーディスクを改竄した疑いで大阪地検特捜部の検事が逮捕されたようである。この事件については判決が出るよりも前の時点で厚生労働省元女性局長に対する冤罪の可能性が疑われていたものである。無罪判決が出ることはおおよそ予想がついていたが、先日の無罪判決とあいまって、今回の改竄事件で特捜部の権威が大きく失墜したことは間違いない。しかし、それにしても検察サイドの動きはあまりにも強引であった。検察サイドの作ったシナリオどおりに犯人がでっち上げられるということになれば、検察サイドにとって好ましくない人物はでっち上げの罪を着せられて片っ端から逮捕・起訴されてしまうことになる。事実、これまでにもそのようにして逮捕された人物が数多く存在することであろう。このようなことをやっていて良くぞ日本は法治国家であるといえるものである。もちろん、検察サイドの創作した「物語」を客観的に検証することなく鵜呑みにし、大々的に騒ぎ立てたマスメディアにも大きな責任がある。厚生労働省元女性局長に対する無罪判決が出る直前、某大手新聞は自分たちの当時の誤った報道に対する弁解記事を掲載した。しかし、自分たちで内部調査を進め、当時の記事の問題点を指摘したところで何の説得力もない。弁解記事を書くのであれば、外部の有識者による第三者の検証を徹底的におこない、その上で謝罪記事を掲載するべきである。
ラベル:事件
posted by 乾口達司 at 22:46| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック