2010年08月06日

アカテガニとカブトムシ。

現在、実家ではアカテガニとカブトムシを飼育している。アカテガニは、先日の岡山旅行の折、浜辺で捕獲をした。アカテガニは、水辺の近くに住みながら、ほとんど陸上で生活をするカニのようである。したがって、飼育ケースには少量の井戸水の入った小鉢を入れているだけで占有面積のほとんどは砂地の陸地である。日中は設置した鉢植のなかでじっとしている。夜になるとエサを求めて行動する。エサは煮干やニンジンなどを与えている。基本的には何でも食べる雑食性のようである。カブトムシは、現在、実家に帰省中の甥っ子=シュン&ユウが中心になって世話をしている。先日、父親の友人から頂戴した8匹である。こちらは昆虫ゼリーを与えている。この季節ならではのカニとカブトムシ。甥っ子たちにはカニとカブトムシの世話を通して生き物の素晴らしさを知ってもらいたいものである。
ラベル:カニ カブトムシ
posted by 乾口達司 at 22:18| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック