2010年06月12日

大宇陀でテイクアウト。

20100612-1.bmp

先日、室生寺に向かうついでに大宇陀方面に足をのばした。そのときに立ち寄ったのが“アナンダ”(宇陀市大宇陀区拾生1850-1 )と“松月堂”(宇陀市大宇陀区上新1988)である。“アナンダ”はパンとケーキの店。今回、はじめて訪れたため、試しにパンを購入した。パンは翌朝の朝食で食べた。ずっしりと重くて食感はもちもち。美味しかった。“松月堂”にはこれまでにも数え切れないほど訪れている。購入するのは「きみごろも」。これ以外に注文したことはない。メレンゲを黄身で固めただけの素朴な菓子である。しかし、これが何とも美味しい。大宇陀に立ち寄るといつも購入する。写真がその「きみごろも」である。
ラベル:パン 和菓子
posted by 乾口達司 at 22:47| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック