2010年05月17日

三輪山入山登拝。

20100517-1.bmp

朝から大神神社の御神体である三輪山の入山登拝をおこなった。前回、三輪山に登ったのは今年の1月4日。そのときは甥っ子のシュンを連れて登った。その経緯については1月4日の日記に記した。入山登拝は大神神社の摂社である狭井神社の社務所にその旨を申し出て許可を受けなければならない。社務所に荷物を預けて拝借した参拝証のタスキをかけた。平日であるにもかかわらず、入山登拝する人たちは多かった。特に若い女性の2人連れが目立った。近頃、流行りの言葉でいうところの「パワースポット」のようなものとして、三輪山が女・子ども好みの雑誌類で紹介されているのであろうか。もう一つ書き残しておきたいことは一人の男性と偶然の再会を果たしたことである。入山前、狭井神社の御神水をペットボトルに詰めているときだった。一人のお年寄りと遭遇した。小学校時代の担任・O先生である。数年前、同窓会でお会いして以来である。小学校を退官された先生は、現在、某市の文化財審議委員会関係の職務についておられる。今日は講師として関わっている生涯学習の受講生を引き去れて大神神社へ参拝されたのであった。これから纒向遺跡まで歩く予定であるという。すでに80歳代半ばであるというのにまことにお元気である。思い返すと私が三輪山にはじめて登ったのは小学生のときだった。O先生から一緒に登ろうと誘われて登ったのである。当時、O先生は私や同級生のHを連れてしばしば県内各地を取材された。現在にいたる私の散策好きがO先生に各地を連れていただいたときの体験に根ざしていることは間違いない。O先生にはじめて連れていただいた三輪山の入山口で先生にお会いすることが出来るとは思わなかった。何という偶然であろう。三輪の神さまに感謝したい。
ラベル:三輪山 大神神社
posted by 乾口達司 at 21:24| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック