2010年04月30日

葉山美知子『中世絵巻寝姿ものがたり』

20100430-1.bmp

一般人の平均睡眠時間はおよそ7〜8時間であるという。いわば、1日のうちの3分の1を人は眠って暮らしているわけだ。したがって、睡眠という行為は人にとってもっとも普遍的なものの一つにほかならない。葉山美知子の『中世絵巻寝姿ものがたり』(文芸社/2009年9月刊)は日本の絵巻物に登場する人々の寝姿を紹介・分析した論考である。寝姿に注目したという点はユニークである。しかも、絵巻物に描かれた彼らの寝姿を通して、睡眠という行為に対する人々の認識や様式の変化をたどってゆくのもおもしろい試みである。上流階級のものたちはともかくとして、庶民の多くは、就寝中、敷布団の上に横たわるわけではない。掛け布団をその身にかけるわけでもない。寝巻きに着替えるわけでもない。ただ、ただ、日中の服装のまま、板の間や置畳にごろんとその身を横たえるだけである。『源氏物語絵巻』や『紫式部日記絵詞』のような著名な絵巻物のほかにも『頬焼阿弥陀縁起絵巻』『葉月物語絵巻』『長谷雄草紙』など、あまり知られていない絵巻がたくさん取り挙げられている。なかでも、ケッサクなのは平治の乱を描いた『平治物語絵詞』に登場する雑兵の寝姿である。乱の勃発により、帝が内裏を脱出するという緊迫したシーンである。それにもかかわらず、一人の雑兵が兜を枕がわりにして、暢気に眠り込んでいる。そのほのぼのとした姿がユーモアを誘う。『石山寺縁起』に描かれる肘枕で寝そべる侍女の後姿もおもしろい。
ラベル:絵巻
posted by 乾口達司 at 21:05| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック