2010年04月06日

岡山紀行(野鳥屋)

岡山紀行→こちら
岡山紀行(両宮山古墳)→こちら
岡山紀行(牟佐大塚古墳)→こちら
岡山紀行(ライブ)→こちら
岡山紀行(浄土寺)→こちら
岡山紀行(賞田廃寺・唐人塚古墳)→こちら
岡山紀行(操山山麓)→こちら

今回の岡山紀行でも美味しい店を何軒も訪れた。なかでも、特に紹介しておきたいのは“野鳥屋”(岡山市中山下2-8-63 )である。店の暖簾はボロボロ。大きな穴を裏からコピー用紙でふさいでいる。コピー用紙を止めているのはガムテープである。店内も油ぎっている。なぜか子どもの絵がたくさん掲げられている。店に足を踏み入れたときは面食らったものだ。鶏肉はかなり硬め。噛めば噛むほど味が出て来る。近頃、流行の柔らかい鶏肉を食べ慣れた人には抵抗があることだろう。実際、歯の悪い私も咀嚼するのに苦労をした。しかし、味はとても良い。美味しい鶏肉をいただいた。そのうちにまた行ってみようと思っている。
ラベル:焼鳥
posted by 乾口達司 at 23:41| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック