2010年02月26日

沖縄紀行(首里城・玉陵)

沖縄紀行→こちら
沖縄紀行(民謡酒場)→こちら

翌朝は首里城見学から出発した。沖縄にはこれまでに何度も足を運んでいる。しかし、首里城を訪れるのは15年振りくらいである。当時に比べて格段に整備されている。世界遺産に登録されたせいだろう。あまりにも整備されすぎてかえって惹きつけられるものがなかった。一方、第二尚氏王統・歴代国王一家の陵墓である玉陵は静寂に包まれていた。同じ世界遺産であるとはいえ、首里城周辺の喧噪に比べるとまるで嘘のようである。木造建造物ばかり見慣れた本土の人間からすれば、堅牢な石造りの世界も新鮮そのものである。周囲を石垣でかこまれた墓前の広々とした空間も心が落ち着く。私のお気に入りのスポットである。
ラベル:玉陵 首里城
posted by 乾口達司 at 20:20| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック