2010年01月18日

岡山紀行(安仁神社)

岡山紀行(沖田神社)→こちら

沖田神社の後に参拝したのは安仁神社。安仁神社は岡山市東区にある神社で備前国総鎮守とうたわれている。祭神は五瀬命・稲氷命・御毛沼命。神武天皇の兄に当たる3人を祭神にしている。それにちなんで神社の名前が安仁=兄というわけか。安仁神社では祭神がたびたび変更されたようである。その経緯を勘案すると「安仁=兄」という構図は何だかこじつけのような気もするが、明治時代、裏山から銅鐸が発見されたことから、往古より謂れのある場所であったことはうかがえる。当日は境内で甘酒が振る舞われていた。参道脇の狛犬が備前焼で作られているのは興味深かった。さすがは備前国総鎮守である。
ラベル:備前焼 神社
posted by 乾口達司 at 22:38| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック