2010年01月05日

奈良の雑煮。

20100105-1.bmp

元日は実家でおせち料理と雑煮を食べた。奈良の雑煮は関西圏では一般的な白味噌仕立て。豆腐や里芋、細い大根の輪切りのなかに丸餅が入っている。食べるときは餅をお椀から取り出し、きな粉につけて食べる。大学生の頃まではこの食べ方がスタンダードだと信じていた。しかし、関西圏以外の出身者の指摘により、白味噌仕立てできな粉をつけるのが奈良特有の食べ方であることを知って大いに驚かされたものである。きな粉をつけるということにはいったいどんな意味が隠されているのであろうか。きな粉の「黄色」がめでたい何かを暗示しているのであろうか。そんな気がする。しかし、詳しくはわからない。今年もきな粉をつけて食べた。
ラベル:雑煮 きな粉
posted by 乾口達司 at 22:00| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック