2009年12月02日

西国三十三所巡礼(長谷寺/法起院)

20091202-1.bmp

11月30日は完全オフだった。前日は早朝出勤。夕方からは仕事仲間と大和西大寺で呑み続けた。翌日の30日は二日酔いではあるまいか。そう思っていた。しかし、目覚めは快調そのものだった。午前中から西国三十三所巡礼に出向いた。向かったのは第8番札所・長谷寺である。紅葉の季節であるせいだろうか。平日であるにもかかわらず、境内にはたくさんの観光客が見られた。巨大な本尊・十一面観音菩薩立像とも再会を果たす。特別拝観として1000円を払えば、内陣から本尊を見上げることも出来る。しかし、私は内陣で真下から見上げるよりも表の舞台のあたりに立って遠くからお顔を覗くのが好きである。写真は本堂回廊部分の留め金具。ご丁寧にも「長谷寺」という文字が刻印されている。長谷寺の後、番外の法起院にも参拝をした。
posted by 乾口達司 at 23:11| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西国三十三所巡礼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック