2009年11月16日

ハワイ紀行13

ハワイ紀行1→こちら
ハワイ紀行2→こちら
ハワイ紀行3→こちら
ハワイ紀行4→こちら
ハワイ紀行5→こちら
ハワイ紀行6→こちら
ハワイ紀行7→こちら
ハワイ紀行8→こちら
ハワイ紀行9→こちら
ハワイ紀行10→こちら
ハワイ紀行11→こちら
ハワイ紀行12→こちら

ハワイ旅行に出発する直前、悩まされたのは風邪と下痢であった。風邪はその前の週にはほぼ全快していた。とはいえ、若干、鼻声であった。新型インフルエンザが流行している昨今、空港の検疫に引っかからないことを祈った。おまけに当日の朝になって下痢を発症した。一応、自宅を出るまでに出すものはしっかり出し終えたつもりであった。しかし、何しろ相手は曲者の下痢である。電車に揺られている最中、ふたたびお腹に異変を感じた。しかも、乗り込んだ電車は停車駅が少ない快速急行である。途中の駅で降りるにも降りることさえ出来ない。脂汗が流れはじめたときはどうなることかと心配をした。歯を食いしばりながら尻の穴を必死に締め続けたせいだろう。乗り換え駅に到着し、構内のトイレに駆け込むまでは何とか踏ん張ることが出来た。関西国際空港に到着後、薬局で正露丸を購入した。正露丸は素晴らしい。その威力を遺憾なく発揮してくれたおかげで機内ではお腹に異変は起こらなかった。快適な空の旅を満喫したものである。
ラベル:ハワイ 下痢
posted by 乾口達司 at 23:40| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

新ビオフェルミンS錠 540錠 |ビオフェルミン
Excerpt: 新ビオフェルミンS錠 540錠 早い対応に満足です 2009-05-22 離島で...
Weblog: お買得情報連絡便り
Tracked: 2009-11-17 19:41