2009年11月06日

ハワイ紀行4

20091106-3.bmp

ハワイ紀行1→こちら
ハワイ紀行2→こちら
ハワイ紀行3→こちら

ダイヤモンド・ヘッドにも登った。噴火口の底面にあるふもとの駐車場まではバスで向かった。料金所で入山料を支払う。頂上までは30分程度の距離であった。山登りに慣れた身体には大したことはなかった。しかし、お年寄りの観光客のなかには息を弾ませながら登っているものも見られた。特にトンネルを抜けた後の急な階段に難儀している人が多く見られた。山頂からの眺めは素晴らしかった。眼下に広がるホノルルの市街もさることながら、海の青さに魅了された。山頂の展望台が連邦政府によって築かれた軍事施設(砲台)であることもはじめて知った。ダイヤモンド・ヘッドが火山であることを証明するように、道端には溶岩の破片がたくさん転がっていた。
posted by 乾口達司 at 22:09| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック