2009年10月06日

さよなら富雄4

さよなら富雄1→こちら
さよなら富雄2→こちら
さよなら富雄3→こちら

富雄界隈の店舗でまず目を惹いたのはラーメン屋である。富雄はラーメン屋の聖地である。そのことを思い知ったのは“華山”“きぶんや”“あまのじゃく”を訪問したのがきっかけだった。“華山”の極上のスープには魅了された。“きぶんや”のこってり系も捨て難い。“あまのじゃく”もおいしかった。しかし、あの大行列のせいで訪れる回数は他の2店舗よりも少なかった。個人的には“あまのじゃく”派よりも“華山”派であったといえよう。その他にも“来来軒”や“旭川ラーメン”に足繁く通ったものである。富雄といえば、ラーメンを思い出す。ラーメンといえば、富雄である。
ラベル:ラーメン 富雄
posted by 乾口達司 at 21:47| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック