2009年09月19日

焼きおにぎり。

昼食に焼きおにぎりを食べた。あいにく保存用のおにぎりしか残っていなかったためである。先日、ご飯を炊いたときの残りをラップで包んで冷凍庫に保管しておいたぶんを使った。フライパンに油を薄くひく。その上におにぎりをのせる。さらに表面にしょうゆ+酒+みりんを混ぜ合わせたタレを塗る。おにぎりをひっくり返して塗った面を下にする。今度は反対面にタレを塗りつける。それを繰り返しながらじりじり焼いてゆく。表面がほんのりこげて来たら完成である。フライパンで焼いているうちにご飯がぽろぽろ崩れて来る。タレをせっせと塗りつけたわりにはいささか薄味である。居酒屋で食べる焼きおにぎりのようにはうまくいかない。なかなか難しいものだ。それでも充分に美味しかった。
ラベル:おにぎり
posted by 乾口達司 at 23:23| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック