2009年07月03日

カブトムシ6

前回、カブトムシについて記したのは6月29日の日記だった。今日、早速、オスとメスのカップルが引き取られていった。引き取り手は仕事仲間のSである。Sは息子のTを連れて実家に現れた。息子は飼育マットの入った大きなプラスチックケースをぶら下げていた。カブトムシをケースのなかに入れてやるとその様子をしげしげと観察していた。夏の終わりまで大事に育てて欲しい。そう願って実家を後にするS親子の後姿を眺めて続けた。
ラベル:カブトムシ
posted by 乾口達司 at 18:44| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック