2009年06月06日

矢田丘陵縦走15

20090606-1.bmp

5月の多忙な日々から解放されて1週間。ようやくゆっくり出来る日がやって来た。今日からあさってまでは完全オフである。今日は朝から恒例の矢田丘陵ハイキングに出掛けた。前回、矢田丘陵を縦走したのは4月29日である。そのときのことは4月29日の日記に記した。あれから1月以上が経過している。5月は矢田丘陵を縦走することが出来なかった。時間が許せば、今月は、先月分を含めて、もう一度、歩いてみようかと思っている。いつものように霊山寺の裏山から子供の森を目指した。子供の森からは尾根まで一気に駆け上がった。尾根からはこれまたいつものように法隆寺まで歩いた。写真は松尾寺に向かう途中にある南僧坊谷池である。山のなかを歩いていると突然姿を現す。あたりは木々が鬱蒼と生い茂っている。そのためいささか薄気味悪い。あたりにはかつて数多くの僧坊が立ち並んでいたのであろうか。南僧坊谷池の東方には矢田寺がある。矢田寺の子院のようなものが建っていたのであろうか。法隆寺では西円堂に参拝した。内陣には足場が組まれていた。国宝の本尊・薬師如来坐像の修復工事でもおこなうのかも知れない。普段、締め切られている木戸も開け放たれていた。おかげで開け放たれた箇所から首を突っ込んで内陣をじっくり観察することが出来た。
posted by 乾口達司 at 21:21| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック