2009年05月06日

ゴールデンウィーク散策報告。

ゴールデンウィークも本日で終わりである。前回の日記にも記したように今年は3日〜今日までのんびり過ごした。明日からはふたたび忙しくなる。連休中は音の花温泉・聖林寺・奈良町・大阪へ出向いた。音の花温泉(生駒市小平尾町1008-11)では昼過ぎから夕方まで滞在した。久し振りに温泉にゆっくりつかった。聖林寺(桜井市下692)を訪れたときはあいにくのお天気だった。しかし、国宝の十一面観音菩薩立像は相変わらず素晴らしかった。予定では安倍文殊院を経由して最寄りの駅まで戻って来るつもりであった。しかし、雨が激しく降り続いている。安倍文殊院まで歩くのが面倒であった。おかげで帰りのバスの時間もあって1時間半も寺に滞在してしまった。雨のせいであろう。観光客の数はまばらだった。収蔵庫の床に腰を下ろして十一面観音立象の秀麗な姿をじっくり眺めていられた。和辻哲郎の『古寺巡礼』を持って来れば良かったと後悔したものである。後ろを振り返るといつのまにか雨はやんでいた。雲の隙間からは陽が差し込んでいる。拝観時間が午後4時半までであったにもかかわらず、寺を辞した午後5時前まで寺の方々が何もいわず私の拝観を許してくださったのも有り難かった。
posted by 乾口達司 at 22:11| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック