2009年03月17日

ミナミで一杯。

20090317-1.bmp

スンドゥブの店が流行っている。なんなんタウンの一番奥に位置する“bibim’”(大阪市中央区難波5-1なんなんタウン12号)もそのような店の一つである。ランチでスンドゥブチゲ(チーズスンドゥブ)のセットを食したのは昨年だっただろうか。今回は夜の訪問と相成った。前回と同様、スンドゥブチゲをセットで注文した。辛さは4段階で調整してくれる。今回は上から2番目の辛さを頼んでみた。スンドゥブの中身がおもに豆腐であるせいだろう。豆腐のプルプルした食感とスープの辛さとが絶妙にマッチしており思ったほどには辛くはない。石釜で炊いたゴハンも美味しかった。ゴハンを食べた後の石釜にお茶を注ぎ、残ったおこげをお粥のようにして食べるのも魅力である。酒はビールからマッコリに進んだ。
ラベル:スンドゥブ 韓国
posted by 乾口達司 at 23:35| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック