2009年02月13日

奈良町で夕食。

20090213-1.bmp

11日の夜は会食。近鉄奈良駅前の某店でビールと日本酒を呑む。その後、奈良町へ移動してこれまた隠れ家風の某店でワインを呑んだ。帰宅してからは焼酎を少々。おかげで翌朝は寝不足と二日酔いで疲労がピークに達していた。しかし、所用があって桜井方面まで出掛けなければならない。所用は何とか終えることが出来た。自分で夕飯を作る余力は残っていない。御飯を食べて帰ろう。そう思った。向かった先は“HABUS”(奈良市福智院町31-2)である。平日の早い時間であったためだろう。店内に客の姿はなかった。定番の鶏飯とオリオンビールを注文。鶏飯が出て来るまではオリオンビールで喉の渇きを潤した。鶏飯は奄美大島の郷土料理。熱熱の御飯の上に細かく刻んだ鶏肉やパパイアの漬物、錦糸卵、海苔、ワサビなどを乗せて鶏がらスープをかける。このスープが絶品である。胃にもやさしい。二日酔いの身には実に有り難い限りだ。お櫃に入った御飯も3杯分くらいあって満足である。おかげでお腹がいっぱいになった。店内では奄美の島唄も流されており心地良い。前日から猛烈に忙しかった。それだけにようやく心の安らぎを取り戻したような気分であった。
ラベル:鶏飯 奄美大島
posted by 乾口達司 at 23:12| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック