2009年01月21日

岡山で一杯(1日目)

20090121-2.bmp

高松〜岡山へ(1日目)→こちら

岡山在住のメメとクレド岡山の玄関で合流したのは午後7時前だった。今回は韓国料理のお店に連れていってくれるという。向かった先は“kenage”(岡山市平和町5-15)である。店内は個室形式になっていて小さな川まで流れている。小川には橋もかけられている。個室によってはガラスの外壁を水が滝のように流れているところもある。この演出には驚かされた。なかなかオシャレなお店である。チゲ・豚キムチボッサム・明太子とチーズの入っただし巻き玉子などを注文した。ビールで乾杯。その後、焼酎や梅酒に移行した。梅酒のメニューが実に豊富である。数十種類あったのではなかろうか。奈良の梅酒では月ヶ瀬と西吉野が眼についた。お腹もいっぱいである。良く呑み、良く食べ、良く喋った。満足である。しかし、韓国料理のお店であるにもかかわらず、店内のBGMが雅楽であったのはなぜだろう。それだけが少し気になった。(続く)
ラベル:韓国料理 岡山
posted by 乾口達司 at 21:18| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック