2008年12月13日

冬支度。

今日は夕方まで仕事に明け暮れた。普段よりも少し早めに仕事を終わらせることが出来た。夕食までまだ1時間ほどある。おもむろに冬支度の準備に取り掛かった。冬支度といっても大袈裟なことではない。夏服はすでに冬服と入れ替わっている。ベッドには毛布が敷かれている。足温器もセット済みである。居間の掘り炬燵に炬燵布団を取り付けたのはかれこれ10月のことである。ほとんどの準備はもう終わっている。本日の冬支度は次の二点。第一点は植物の後始末である。立ち枯れた朝顔の蔓を綺麗さっぱり取り払った。ベランダに張られたネットには茶色く枯れ果てたゴーヤも残っている。ゴーヤの蔓も取り払った。地面に落ちた枯葉は最後にかき集めてゴミ袋に押し込んだ。第二点は押入れからヒーターを持ち出すことである。暖かい日が続いている。当分のあいだ、ヒーターのお世話になることはないだろう。しかし、いつ急に寒くなるかわからない。念のため、ヒーターには灯油を流し込んでおいた。これで完成である。後は年の瀬も迫った頃に最後の大掃除をするだけである。もう12月か。早いものである。2008年が終わろうとしている。
ラベル: 掃除
posted by 乾口達司 at 21:27| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック