2008年11月27日

近鉄奈良駅〜奈良町へ。

昨夜は実家に泊った。今日は朝から髪を切りに出掛けた。髪を切った後は買い物である。奈良町あたりを散策しようと思った。ぶらぶらと歩いていった。近鉄奈良駅前の噴水の横を通り過ぎようとしたときのことである。次のような珍妙な光景を目撃した。

20081127-1.bmp

御存知、平城遷都1300年祭のマスコットキャラクター・せんとくんである。相変わらず得体の知れない存在感を発揮している。しかし、あの褐色の肌の色だけは何とかならないものだろうか。せんとくんの横には見慣れないキャラクターが手を振って突っ立っていた。こいつはいったいナニモノであるのか。すぐ近くでパンフレットを配っているスーツ姿の男性に訊ねた。名前はももっち。来年の春、岡山県内で開かれる第26回全国都市緑化おかやまフェア“おかやま花だより2009”のメインキャラクターであるという。“おかやま花だより2009”をPRするため、本日、ももっちが近鉄奈良駅前に姿を現したようである。そして、ももっちの出現に呼応するかのようにせんとくんも登場したというわけだ。何やら見てはいけないものを見てしまったような気恥ずかしさをおぼえた私は彼らとは目を合わせないようにして写真を撮影した。そして、すぐさま奈良町方面へ退散した。奈良町では古書や陶磁器を漁った。カフェでは束の間の休息をとった。しばらくしてから近鉄奈良駅前に戻った。しかし、すでにせんとくんとももっちの姿はなかった。いまごろは何処かの酒場で仲良く酒でも酌み交わしているに違いあるまい。
posted by 乾口達司 at 18:31| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック