2008年11月25日

京都で一杯。

20081125-2.bmp

某氏とは京阪四条で別れた。某氏はJR京都駅から新幹線で自宅に戻るという。京都人でもない私の拙い京都案内に満足していただけたのであろうか。少々心配である。夕刻が迫っていた。京都までやって来たのである。何か食べてから帰らないと心残りである。京都には某有名学習塾で講師をやっているSがいる。久し振りにSと酒を酌み交わすのも楽しかろう。Sと落ち合ったのは四条大橋の袂にある交番前だった。Sに案内されたのは木屋町にある“逆鉾”(京都市中京区木屋町通蛸薬師下ル下樵木町203-5)である。ちゃんこ鍋のお店である。ビールを呑みながらちゃんこに舌鼓を打った。Sとは四方山話で盛り上がった。Sは仕事の合間に勉学にも力を入れているようだ。感心である。特に佐藤春夫のことや和歌山・新宮の話は参考になった。“逆鉾”を出てからも近くのサントリーバーでウィスキーを呑んだ。思いがけずSと盛り上がった一夜だった。
posted by 乾口達司 at 00:21| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック