2008年11月23日

富雄で一杯。

20081123-1.bmp

昨日は朝から仕事に追われた。気忙しい一日だった。夜は富雄で呑んだ。2週間振りの“えとね”(奈良市富雄元町2-5-25明光富雄ビル102号)である。ビールやワインを堪能した。写真はスライスされた生ハムである。実に綺麗に並べられている。あまりにも綺麗だったので思わず撮影してしまった。今回はピアニストや花屋などの初対面のメンバーも多かった。特に花屋夫婦は愉快だった。いわゆる関西風の「おもろい夫婦」である。どういうわけだろうか。伏見稲荷大社名物・スズメの丸焼きが話題に上った。スズメの丸焼きからタニシ料理やカエル料理へと話題が流れた。オシャレなフレンチ居酒屋でゲテモノ系の話題が飛び出したわけだ。しかも、一同、大盛り上がりである。店員はさぞかし嫌がっていたことだろう。今回、集ったメンバーとは次にまた会えるのだろうか。次回はもっといろいろなことを話したいものである。
posted by 乾口達司 at 00:02| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック