2008年11月08日

佐保路〜奈良町へ。

20081108-1.bmp

昨日の朝は前夜の雨を残していた。メメからのメールで眼が覚めたのは午前8時前だった。当初の予定では8時過ぎにはメメの宿泊している奈良ロイヤルホテルのロビーに到着している予定だった。寝過ごしてしまった。あわててベッドから飛び下りた。しかし、どうやらメメもたったいま目覚めたようである。結局、ホテルのロビーで落ち合ったのは午前10時過ぎだった。この頃にはすでに雨は上がっていた。さすがは晴れ女のメメである。まずは平城宮跡を散策した。私には見慣れた風景である。しかし、岡山在住のメメにとっては、その広大な敷地そのものが珍しかったようだ。さかんにデジタルカメラのシャッターを押していた。次に向かったのは法華寺である。本尊の国宝・木造十一面観音菩薩立像の御開帳期間ということもあるのだろう。平日であるにもかかわらず、境内は思いのほか観光客の数が多かった。海龍王寺ではイラストレーターのみうらじゅんが奉納した絵馬にメメが強い関心を示していた。先日、メメは香川でみうらじゅんと会った。そのときに海龍王寺に奉納された絵馬のことを教えられたらしい。こちらも本尊の木造十一面観音菩薩立像が御開帳されていた。近鉄新大宮駅から近鉄奈良駅へと移動した。午後からは奈良町を散策した。メメは、数年前、奈良町で名物の身代わり申を購入した。今回、もう一つ、別の申を購入しようと思っていたらしい。しかし、今日はあいにく販売所である奈良町資料館の休館日だった。興福寺では南円堂で御開帳されている本尊の国宝・木造不空羂索観音菩薩坐像を拝観した。康慶とその弟子たちによって造られただけに重厚なお姿である。天井の高い南円堂の構造と実に良くマッチしている。五重塔の内部や東金堂の堂内にも久し振りに足を踏み入れた。晴れ女のメメが奈良を去ろうとする時間が迫っていた。西の方から雨雲が接近しつつあった。時間は午後4時過ぎだった。次回、岡山に遊びに行くのは来春だろうか。土産として、今回、メメが買えなかった身代わり申を持っていってやろうと思っている。
posted by 乾口達司 at 23:50| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック