2008年10月05日

京都大アンティークフェア。

20081005-1.bmp

京都まで出向く所用が出来た。帰りにパルスプラザで開かれている京都大アンティークフェア(旧京都大骨董祭)に顔を出した。42回目となる今回は10月3日から5日まで開かれている。1階の大展示場には数え切れないほどの数の店舗がひしめき合っている。陶磁器・漆器・仏教美術・古民具・古布・和装本・アクセサリーなどさまざまな商品が所狭しと並べられている。文字通り、アンティークの森のなかでお宝探しに興じているような気分である。神社仏閣や名所旧跡を散策するのは楽しい。しかし、たまにはこういった骨董やアンティークの森をさすらうのもおもしろい。今回の戦利品は古伊万里の色絵なます皿と清朝末期の色絵花文六角形小鉢だった。
posted by 乾口達司 at 23:03| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック