2008年07月21日

矢田丘陵縦走6

20080721-2.bmp

完全オフの一日である。午前中に自宅を掃除した。午後からは矢田丘陵を縦走した。前回、矢田丘陵を縦走したのは6月13日だった。そのときのことは6月13日の日記に記した。いつものように子供の森から尾根へと駆け上がった。子供の森では何やらイベントがおこなわれていた。親子連れが園内をかけめぐっていた。前回、矢田丘陵を縦走したときは梅雨時であった。キノコ類の発生はまだ見られなかった。次回、矢田丘陵を縦走するときにはさまざまなキノコを堪能することが出来るだろう。そう記しておいた。しかし、今年は7月上旬には梅雨前線が日本列島の上空から姿を消した。おかげで梅雨が明けたような晴天の日が続いた。そのせいだろう。キノコ類は早くも姿を消していた。草陰で唯一発見したのが写真のキノコである。来年の梅雨時に期待しよう。松尾寺から法隆寺方面へと下った。尾根道を歩いているときは木々のあいだをわたる風が心地よかった。ところが、下界へ下りると猛暑が待ち構えていた。直射日光が汗だくの身体を鋭く貫く。これはきつかった。おかげでダウン寸前である。普段、法隆寺は観光客で大いににぎわっている。しかし、今日ばかりは観光客の姿もまばらだった。JR法隆寺駅から帰途についた。JR奈良駅に到着した。JR奈良駅付近の線路が高架に変わっていた。本日の最大の収穫だった。
posted by 乾口達司 at 21:14| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック