2008年07月16日

収穫(プチトマト)

20080716-1.bmp

自宅のベランダでさまざまなものを栽培している。ゴーヤも栽培している。ニラも栽培している。ネギや大葉も栽培している。夏本番を迎えたこの時期、食べごろの野菜が目白押しである。一年でもっとも楽しみな季節である。プチトマトに緑色の小さな実がなっているのを発見したのは先月下旬のことだった。実は先月上旬にも実がなった。実はみるみるうちに赤く熟した。そろそろ収穫時である。そう思っていた矢先のことだった。朝、目をさました。ベランダに出てプチトマトの鉢に目をやった。枝に実っているはずの赤く熟したプチトマトはどこにもなかった。綺麗にもぎ取られていた。あるはずのものがないのである。衝撃的な光景だった。まさかプチトマト一個を盗むために野菜泥棒がベランダまで這い上がって来たわけではなかろう。カラスに食べられたに違いない。いまではそう考えている。そういう苦い経験が踏まえられている。今回はカラスに食べられないように注意しなければならない。カラスの近づきにくいところへ鉢ごと移動させた。おかげで今回も実は赤く熟した。いよいよ収穫時である。ブログ用の写真を撮影した。その直後、枝からもぎ取った。もぎ取られたプチトマトはすぐさま台所へと運ばれた。レタスやキャベツのせん切りとともに朝食用のサラダとして使われた。現在では私の体内におさまっている。すでに綺麗さっぱり消化されていることだろう。もうカラスに襲われる心配はない。
posted by 乾口達司 at 19:27| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック