2008年07月10日

エアコンが来た。

梅雨が明けた。そう思えるほど暑い日がしばらく続いた。数日前からふたたび梅雨空が戻って来た。スコールのような土砂降りの大雨が降り注いだ。梅雨の末期にしばしば見られる現象だ。梅雨明けの瞬間が刻一刻と迫っているのだろう。来るべき真夏の到来にそなえてルームエアコンの試運転をおこなった。2階に取り付けられたエアコン3台はいずれも正しく作動した。1階の仕事部屋に取り付けられたエアコンも正しく作動した。ところが、居間のエアコンだけが反応しない。リモコンは正しく作動しているようである。知り合いの電気屋に確かめてもらった。リモコンから発信される電波を受信する本体の機能が壊れている。電気屋はそう告げた。かれこれ二十年近く前のエアコンである。自宅を借り受けたときから居間に取り付けられていた。管理会社に連絡を入れた。管理会社を通して大家さんにその旨を伝えた。大家さんからは廃棄してもらって構わないという許可をいただいた。新しいエアコンが我が家にやって来たのは今日の午後だった。ダイキン工業のルームエアコンである。古いエアコンは取り外された。代わりに新しいエアコンが取り付けられた。作業は2時間ほどで終了した。早速、取り付けられた新しいエアコンを作動させた。リモコンのスイッチを押した。涼しい風が送られて来る。快適である。これで真夏に向けた準備は整った。あとは梅雨明け宣言を待つばかりである。
posted by 乾口達司 at 23:17| 奈良 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック