2008年06月20日

味噌漬け1

20080620-1.bmp

マリキタから豆腐ようを受け取ったのは5月3日だった。沖縄土産である。そのときのことは5月4日の日記に記した。5月6日の日記には豆腐ようを食べたことを記した。自分の手で豆腐ようを作ってみたい。そう思った。作り方を調べた。難しそうである。断念した。代わりに豆腐の味噌漬けのレシピを見つけた。これならば出来そうだ。材料は木綿豆腐+白味噌+酒+みりん+砂糖である。木綿豆腐をタオルで包む。その上から重しをする。半日ほどかけて水分をしぼり出す。次に味噌作りである。白味噌に酒とみりんを少々加える。さらに砂糖をまぶして自分好みの味を作ってゆく。適当な大きさのタッパーを用意。タッパーの底に混ぜ合わせた白味噌を敷き詰める。その上に木綿豆腐をのせる。タッパーと木綿豆腐の隙間にも味噌を塗り込んでゆく。豆腐が味噌のなかに隠れたらフタをする。あとは冷蔵庫で寝かせるだけである。冷蔵庫から取り出したのは1週間後の今日だった。真っ白だった木綿豆腐はうっすらと味噌色に変っていた。適当な大きさに切り分けた。食べてみた。豆腐の味は消えていた。チーズのような濃厚な味わいである。酒の肴にぴったりだ。海苔で包んだ。さらにその上からシソを巻いて食べた。おかげで赤ワインを1本あけてしまった。
posted by 乾口達司 at 01:21| 奈良 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック