2021年02月28日

奈良国立博物館特別陳列『お水取り』

FJ3139980001.jpg

午後から奈良国立博物館へ。招待券をもらったため、特別陳列『お水取り』などを観覧する。「お水取り」展は毎年観覧しているが、展示の規模が縮小傾向にあるようだ。コロナで収益が低下したせいか?今回のお目当ては、先日、展示されたばかりの金峯山寺・仁王門の金剛力士立像。5メートルを超える一対の巨像に圧倒された。こちらの仁王像は、仁王門の修復工事が完了するまでのあいだ、奈良博で拝見出来るはずである。
posted by 乾口達司 at 17:23| 奈良 ☁| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

スーパー銭湯

所用のついでに夕方から某スーパー銭湯へ。今年はじめてのスーパー銭湯である。時間をかけてゆっくりつかった。サウナにも入った。汗をかいて気持ちが良かった。のどが乾いた。これから飲む。
posted by 乾口達司 at 20:45| 奈良 | Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確定申告

確定申告の準備を続ける。おおよそ清書するところまでこぎつけた。来月のはじめには提出できるだろうか。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 | Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

いろいろ登場

しばらく放置していたら、いつの間にやら、総理大臣の息子とか、飲み会を断らない女とか、原稿すら読めず、側近に喋らせる惚けた幹事長とか、いろいろ出て来て面白くなって来た。あほばかり。
posted by 乾口達司 at 21:53| 奈良 ☁| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月24日

新大宮でテイクアウト

su.jpg

先日は誕生日を口実に新大宮の“ラ・ポーズ”(奈良市芝辻町2-11-6 ホテル葉風泰夢1F)へ。帰宅後、買い求めたシュークリームを食べる。美味しかった。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

本当の誕生日

先日は誕生日。そろそろ人生の折り返し地点を迎えつつある。そう話すと、笑われた。いつまで生きるつもりなんだ、と。とりあえず、誕生日にお祝いのメールをくださった方、フライングでメールをくださった方、どちらもありがとう。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 | Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

花粉症の季節

今日は昼前からお出掛け。あたたかな一日だったが、花粉の飛散がひどい。花粉症の季節到来である。つらい一か月となりそうだ。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 | Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

大和文華館の梅

FJ3139930001.jpg

大和文華館の梅。蝋梅。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☔| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

誕生日

今年も誕生日を間違えられてしまった。
posted by 乾口達司 at 22:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

京都国立近代美術館『分離派建築会100年 建築は芸術か?』

FJ3139950001.jpg

招待券をもらったため、京都国立近代美術館へ。『分離派建築会100年 建築は芸術か?』を鑑賞する。分離派メンバーの作品で少し調べておきたいものがあったため、渡りに船であった。お目当ての図面まで見ることが出来て幸いであった。「建築は芸術か?」。この問い掛け自体は難しい。暖かな一日だった。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☔| Comment(0) | 散策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

地震

東日本大震災から間もなく10年を迎える昨夜、東日本を中心に大きな地震があったようだ。私は寝酒を飲んで早くも寝ていたため、地震が発生していたことにはまったく気づかなかった。一度、眠ってしまうと、朝まで起きないということもあり、地震発生の知らせを知ったのは今朝になってからである。原発も心配である。どうかみんな無事でありますように。
posted by 乾口達司 at 09:15| 奈良 ☀| Comment(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

和歌山紀行(ナギサビール)

FJ3139390001.jpg

活き造りをつまみながら、地元・白浜の地ビールであるナギサビールをいただく。もちろん、1本で済むわけがない。ナギサビールは、翌日、お土産としても買って帰った。今度、白浜におもむいたら、ナギサビールの工場を見学したいと思っている。
posted by 乾口達司 at 07:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

休日出勤

世の中は公休日である。しかし、こちらはいつものように出勤。朝、最寄りの駅に着くと、人出が少ない。不思議に思っていたところ、ようやく今日が公休日であることを知ったのであった。こんな勘違いはいつものことである。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

和歌山紀行(活き造り)

FJ3139370001.jpg

2泊目の宿泊先はホテルシーモア。前回と同様である。ディナーで出て来たのは活き造り。残酷なような気がする。しかし、美味しかった。南無阿弥陀仏。
posted by 乾口達司 at 23:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

『CATS』鑑賞

昨日は自宅でDVDの映画版『CATS』を鑑賞する。劇団四季の『CATS』ではなく、ロンドン公演版を映像化したものである。『CATS』って猫のやつやっけ?そう質問して呆れられた。私自身も質問している途中で我ながら愚問であることを自覚したものである。当たり前ではないか。犬が出て来ても困惑するだけだ。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

和歌山紀行(白浜エネルギーランド)

FJ3139310001.jpg

今回、はじめて白浜エネルギーランドを訪れた。子どもの頃、しばしば白浜には遊びに行ったものである。しかし、その頃には白浜エネルギーランドはなかった。そういえば、子どもの頃に何度かおもむいたハマブランカはすでになくなっている。さびしい限りである。エネルギーランドは思いのほか楽しめた。
posted by 乾口達司 at 08:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

保険の見直し

先週、保険の見直しをおこなう。これは時間が相当かかった。説明が延々続いてくたびれたものである。そして、思いがけず、今日も窓口におもむくことになった。これは予定外だっただけに、やはり疲れた。窓口のお姉さんは実によくしゃべる。圧倒的である。今日は寝るまでゆっくりしよう。
posted by 乾口達司 at 18:55| 奈良 ☀| Comment(0) | 自己 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

和歌山紀行(橋杭岩)

FJ3139300001.jpg

橋杭岩は串本を訪れるたびに電車の車窓から眺めていた。しかし、その場で遊んだのは実に久し振りのことである。相変わらず、不思議な眺めである。古代の遺跡。そのようにも見える。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

杉浦圭祐『異地』

FJ3139800001.jpg

先日、杉浦圭祐から第一句集『異地』(現代俳句協会/2021年1月)を頂戴した。まことに喜ばしい限りである。杉浦圭祐と知り合ったのは、私が大学院生のときであったと思う。したがって、知り合ってからかれこれ25年近くになる。以来、私が有志と担当していた雑誌に何度か寄稿していただいた。中上健次についての座談会にも参加していただいた。一方、杉浦圭祐の方もみずからが編集にたずさわっている俳句雑誌をたびたび送ってくれた。その律義さにはいつも感謝していたものである。ここ数日は何かと忙しく、頁をまだパラパラとめくっている程度ではあるが、『異地』という題名が杉浦圭祐の半生を的確にいい表していることは間違いない。たまたま開いたページにあった「用終えて明日が祭の街を去る」という一句には、故郷を離れた「異地」で生きざるを得ない杉浦圭祐の生きざまと哀感の一端が良く表されている。これからゆっくり拝見させていただくつもりである。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

FJ3139850001.jpg

FJ3139830001.jpg

昨日は所用で大阪府の河南町まで出掛ける。お天気が良く、暖かかった。山中では早くも梅が咲いていて、驚いた。先日まで猛烈に寒かったせいだろうか。しかし、良く考えれば、早くも2月である。梅が咲きはじめても不思議ではない季節である。
posted by 乾口達司 at 06:00| 奈良 ☀| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする