2020年04月18日

韓国・慶州紀行(ホテルの朝食)

FJ3133250001.jpg

FJ3133600002.jpg

FJ3133610001.jpg

ホテルの朝食はバイキング形式であった。いずれも美味しく、プルコギとマンドゥは何度もお代わりをした。もちろん、キムチは必需品である。ほかにも、カップ麺があった。お湯を注ぎ、プルコギとキムチをのせていただいた。
posted by 乾口達司 at 03:00| 奈良 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国・慶州紀行(ソジュ)

FJ3133410001.jpg

FJ3133860001.jpg

マッコリの次はソジュ(焼酎)である。こちらもいろんな銘柄を買い求めて吞み比べた。とりわけ「帝王」という銘柄が美味かった。さすがにソジュまで飲み干すと酔っ払って来た。
posted by 乾口達司 at 01:00| 奈良 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国・慶州紀行(マッコリ)

FJ3133220001.jpg

FJ3133230001.jpg

FJ3133570001.jpg

2リットルボトルサイズのTREEAを飲み終えた後は、やはりマッコリである。毎晩、違う種類のマッコリを飲んだ。一晩で1本あるいは2本飲んだ。ハングルが読めないので、どんなマッコリなのか、見当がつかなかった。そのため、スーパーで目に留まったマッコリを片っ端から買って来ては飲んだ。スーパーで売られているマッコリはいずれも栓が緩く、口元が少し濡れていることが多かった。栓を強く締めていると、発酵が進んだとき、ガスが充満してボトルが爆発してしまいかねない。それを抑えるためにあえて緩く締めているのではなかろうか。ということは、私たちの買い求めたマッコリは、いずれも火を入れて発酵を止めていない生マッコリだったか?
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする