2020年02月04日

韓国・慶州紀行(国立慶州博物館)

FJ3133340001.jpg

国立慶州博物館は立派だった。夕方であったため、ゆっくり見てまわるだけの時間はなかったが、その気になれば、一日充分過ごすことが出来そうであった。写真はマスコットキャラクターのようである。韓国の博物館には、児童に博物館の魅力を伝える「子ども博物館」がしばしば併設されている。国立慶州博物館にも、当然、子ども博物館があった。私たちは子ども博物館にも足を運んだが、なかなか充実していた。日本の某博物館では、その調査のため、私と入れ替わるように知人が国立慶州博物館に研修におもむいている。今後、日本の博物館にもこういった施設が次第に整備されていくことだろう。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする