2019年12月17日

韓国・慶州紀行(浦項行き高速バス)

FJ3133100001.jpg

直近の浦項行きの高速バスは13:30発であった。私たちは途中の慶州バスターミナルで降りる予定であった。指定の1番乗り場で待っていると、浦項行きの高速バスが定刻の10分ほど前にやって来た。私たちの指定席は1番と2番であった。ほかにも、数名の乗客があった。しかし、車内はガラガラだった。座席にすわって驚いた。いずれの座席も前の座席とのあいだのスペースがとても広かった。腰を下ろし、足を思い切りのばしてようやく前の座席に届くかどうかといったくらいの広さである。私たちが乗って来た関空発の飛行機の座席よりも広々としていた。足をのばせるというのは有難い。快適であった。
posted by 乾口達司 at 00:00| 奈良 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする